Category:

海外保険に入るべき理由


海外で盗難に遭った場合どうする?海外旅行保険で役立つ英会話


海外に行く時に、旅行先でのいろいろなトラブルに備え海外旅行の保険に入っておくことがおすすめです。
では、もし海外で盗難にあってしまい、保険を使う必要があった場合に役立てる会話を紹介しましょう。

■まずはサービスセンターに電話しよう

813

旅行先で病院へ行く場合や持ち物を盗まれてしまった時に出る保険金を得るには、たくさんの書類を必要とします。
書類の中には旅行先で用意するものもあるので気を付けましょう。
保険会社では緊急サービスセンターがあるので、そこへ電話して対処を聞いてください。
多くの保険会社で日本語対応されているので、安心してしっかりと聞き取り、重要な内容はメモをしましょう。

■盗難に遭った!どうする?

旅行先で盗難に遭った時は現地警察に被害届を出さなくてはいけません。
しかし、いきなり警察に不慣れな英語で話すことに不安を感じる人も多いでしょう。
特に英語圏以外では言葉が通じないこともあるので、ホテルの従業員に頼むのがおすすめです。
では、ホテル側に盗難を伝えたい時に便利な英会話をご紹介します。

・荷物を盗まれてしまった場合の英会話
「My bag was snatched. Please call the police.」
(私の荷物が盗まれました)

「Could you please call the police?」
(警察に電話してもらえますか?)

このように伝えればホテルの従業員から警察に連絡してもらうことができるでしょう。

■盗難証明書を発行してもらいたい時の英会話

海外旅行保険で保険金が出る場合、盗難証明書を発行する必要があります。
その場合は警察とのやり取りが必要になってくることもあります。

「I have traveler’s insurance.」
(私は海外旅行保険に加入しています)

「I would like a copy of the theft report.」
(盗難の証明書をもらいたいです)

このように伝えれば、提出に必要な証明書が出してもらえます。

■状況を説明したい時の英会話文

盗難の証明書では被害に遭った日時、場所などの被害状況が記述されます。
ですので、警察から日時などを答える必要があるのです。
では、『今日の午後2時、3番街を歩いていていたらバッグを盗まれた』という定位で例文をご紹介します。

「Today, was stolen a bag when I walked the 3 Avenue.
(今日、3番街を歩いていたらバッグを盗まれました)

「Time is around 2 pm.」
(時間は午後2時ぐらいです)

「The culprit was a man of black clothes.」
(犯人は黒い服装の男性でした)

このように、いつどこで被害に遭ったのか、犯人の特徴などを答えると良いでしょう。

海外旅行では盗難のトラブルが起きやすいので、ご紹介した英文など最低限の話せると対処しやすくなります。
空港で荷物が盗まれた時は航空会社に伝えると、手荷物事故報告書が発行されるので警察に行かなくても大丈夫です。
しかし、旅券を盗まれてしまった場合は日本大使館か領事館でまた発行することはできますが、その手数料に保険金が適用する場合があります。
ですから、その時は警察から盗難証明書を発行してもらい、手数料の領収書などももらっておくと良いでしょう。

海外旅行へ行くときには必ず海外旅行傷害保険加入に入るべき理由が分かりましたか?いままで保険に入らずに痛い目をみた・・・等、多くの方々が海外旅行損害保険に入らずに後悔している様です。「何が起こるかわからない」が海外旅行です。今ではWEBからでも海外旅行損害保険に加入できるサイトがたくさんあるようですので、自分にあった保険に入る様にしましょう。


英語だけじゃない?海外旅行で注意したいボディーランゲージ


海外旅行のために、英語など語学について喋られるように勉強をする人は多いと思います。
ですが、海外旅行では語学だけではなくさりげなく使っているボディーランゲージにも気を付けなくてはなりません。
相手に誤解を与えてしまうかもしれない、ボディーランゲージについてご紹介します。

■親指を立てる

親指を立てるを立てるしぐさは、日本や米国では「Good」という意味合いをとして使われます。
しかし、タイやイラン、アフガニスタンなどでは異なった意味が含まれているのです。
体の場合は「あっかんべー」をするような子供っぽいしぐさのジェスチャーと思われます。
一方、アフガニスタンやイラン、他にはギリシャのとある地域では攻撃的な意味を持っているそうです。

■ピースサイン

ピースサインは日本に限らず、様々な国で使われているジェスチャーです。
しかし、ピースの方法によっては違った意味合いがあります。
例えば、オーストラリアや英国では手の平を内側に向けたら、「くたばれ」と攻撃的なサインに見えてしまいます。
日本の若者が写真などを取る場合にポージングする、口を挟むようなピースは、米国だと相手を挑発するように見えてしまう恐れがあるので注意しましょう。

■手のひらを前に突き出すポーズ

「ちょっと待って」と日本では、一時的な拒否の意味合いで手のひらを前に出し、ストップのポーズをとることがあるでしょう。
米国ではそのポーズをしながらTalktothehand.というと、「聞いてない」や「知ったことか」などの意味になるそうです。
そして、ギリシャでは侮辱的な表現になります。

■頭を撫でる

頭を撫でる行為は愛情表現としてよく使われます。
ですが、タイやスリランカなど仏教が盛んな国では、頭は最も神聖な部分と考えられているため、撫でる行為は無礼にあたるそうです。

■ガッツポーズ

拳を握って片手、もしくは両手を掲げたりするポーズは喜びの表現として親しまれています。
主に勝利や闘志などで使われ、日本ではガッツポーズという名で有名ですね。
このポーズは、あたりでは中指を立てて挑発する侮辱するポーズと同じ意味を持っています。
さらに拳を使ったポーズはパキスタンでは「くたばれ」となってしまうので注意しましょう。

■うなづく

うなづくしぐさはYESの場合に使われ、NOと否定する場合は首を横に振って表現します。
このしぐさはどの国でもほぼ共通ですが、ブルガリアでは真逆なってしまうのです。
つまり、ブルガリアの場合はYESで横振り、NOで首を縦に振ります。
混乱してしまいますが、ブルガリアへ旅行する場合には覚えておくと良いでしょう

■手を振る

手を振るしぐさは、別れの時に使われるしぐさです。
韓国では上に向けて左右に手を振るしぐさは、犬に対して使います。
人に手を振る場合は、手のひらを下に向け、上下に振るようにしましょう。

このように、何気ないポーズでも国によっては異なる意味があります。
ポーズやしぐさによっては相手を不愉快にさせてしまう可能性があるので注意が必要です。
他にも宗教などを理由にタブーな行動がいくつかあります。
海外旅行ではトラブルのリスクも強いので、語学以外にも文化の違いの理解や海外旅行保険で被害をカバーするなどの工夫が必要だと言えるでしょう。


海外旅行保険の体験談①


私は大学の卒業旅行として、友人3人とカナダのトロントに行ったんです。
友人2人は何度か海外に行ったことがあるみたいですが、私は初めてなのでドキドキです!
カナダは治安が良いので旅行保険はいらないかと思いましたが、友人の1人が心配症なので加入しました。
せっかくの楽しい旅行なので、何事もないと良いのですが…。

トロントへへ到着した初日は「ロイヤル・オンタリオ博物館」や「CNタワー」、「ホッケーの殿堂」などを観光しました。
もともと海外の歴史やスポーツが好きなので、観ていてとても楽しかったです。
なんだかカナダは大きなものがたくさんあるように思いました。
他にもグルメやショッピングを楽しみ、充実した時間を3人で過ごしていたのですが、突然のトラブルに巻き込まれるなんてこの時は想像もしていませんでした。

翌日、お土産など買おうと午後から「イートン・センター」へ訪れ、そこのフードコートで遅めの昼食を食べていました。
私はトイレに行きたくなり、バッグを持って一度トイレに向かったのです。
その途中、大柄の男性にぶつかってしまいました。
ぶつかった反動で身体のバランスを崩してしまったのですが、ぶつかってしまった男性が手を取ってくれたので転ぶことはなかったです。
私はとっさに「sorry」と謝ると、相手は笑って「Do not care(気を付けなよ)」と言って去っていきました。
私は男性に言われたとおり、人にぶつからないように気を付けてトイレに向かいましたが、手を洗いハンカチーフを出そうとしたところで気が付いたのです。
バッグに入っていた財布がないということに…。

その時、私はチャックやボタンが付いていないバッグを使用していたんです。
慌てて友人たちのもとに戻り事情を説明すると、友人からぶつかった人が怪しいと言われたのです。
トートバックだけどしっかり持ってるから安全、そう思っていましたが迂闊です。
旅行保険を強く勧めてきた友人のアドバイスを受け、すぐに警察へ被害を出し、保険会社にも連絡し、予備に別の財布も用意していたので大きな損害にならず良かったです。
実は、友人も以前海外旅行でスリにあり、その時は保険に加入していなかったのでかなり損をしたと話してくれました。

この体験から、色んな問題を回避するためにも保険に入っておくのは正解だと思うようになったのです。
盗難の被害に遭った時はどうなるか分かりませんでしたが、少しでも保証されるなら安心して海外旅行へ行くことができます。
みなさんも海外へ旅立つ時は、保険に入っていた方が安心ですよ。


海外旅行保険の体験談②


私は20代後半の女性です。
大学生時代に1ヶ月ほどタイのバンコクに滞在していた時期がありました。
滞在して2週間が立ったとき、突然頭痛とめまいに襲われたのです。
国際教育に強化した大学だったのでたくさんの国へ訪れる機会があり、身体も丈夫だと思っていたので海外で具合が悪くなるのは今回が初めてでした。
しかも、一人での滞在なので心配も大きかったです。

当時の私は海外旅行保険へ入っていました。
なので、保険会社に問い合わせてみると診察がタダで行えると、バンコク市内にある病院を紹介されたのです。
タクシーで紹介された病院へ向かってみると、まるでホテルのような豪華な外装と内装でとても驚きました。
しかも、診察もスムーズに行われたので、日本の病院よりも早い対応でますます驚きです。

受け付けでは日本人のスタッフが対応しており、状況など少し話した後ソファで10分程待つことになりました。
病院ではパックの水を無料提供もあり、サービスも良いです。
お水を飲んでいる時に名前を呼ばれ、違う部屋へ行くと日本人の男性医師がいました。
私は英語は慣れているのですが、正直タイ語はまだまだです。
ですが、受付と医師が日本人でとても安心しました。
そして診断結果はストレスからくるものだそうで、安心してくださいと言われてホッとしました。
この日は、痛み止めと自律神経の乱れを整えるための抗不安剤を処方してもらい帰宅しました。

本当のことをいうと、日本に帰ったら解約しようという気でした。
それは私が旅慣れてるので、保険をかけなくてもいいと思ってしまったからです。
ですが、これに入ると医療費の補填のみじゃなく相談もでき、日本人がいる提携した病院を紹介してもらえたメリットもあります。
旅行先で出会った人の中には、医療機関があまり整っていない地域でデング熱に感染してヘリコプターで大きな病院に運ばれた人もいます。
その時の治療費には100万以上はかかるそうで、同じく海外旅行保険のおかげで助かったと聞きました。
自分の実体験もそうですが、このような話を聞くと海外旅行保険の加入は大切なんだと改めて感じましたね。

この保険は病気だけではなく盗みなんかにも対応してくれます。
まだ盗難にはあっていませんが、実際に盗難が多発した地域にも訪れ、そこに住む人にも注意されたんです。
国内旅行でもそうですが、海外旅行はさらにトラブルが多く、対処も難しくなってしまいます。

旅慣れしているからではなく、慣れていても必要な保険です。
海外旅行へ行く際は、皆さんも保険に加入して楽しい旅行にしてください。


急な病気でも保険でカバー、海外の病院で役立つ英会話


海外旅行での急なけがや病気で病院に行かなくてはならなくなった時に便利なのが海外旅行保険です。
保険に加入しておけば、海外でも医療費を保険金でカバー可能です。
では、もし旅行中に病院へ行く事になった際に、最低限覚えておくと良い英会話をご紹介します。

■提携している病院へ行こう

各保険会社では提携している病院がある可能性があります。
そのような病院で治療を受ければ現地で医療費を自腹で払うことなく、保険金でカバーすることができるのです。
また、提携している病院であれば英語圏でも英語で会話ができることが多いです。
ますは、保険会社に設けられている緊急サービスセンターに電話しましょう。
電話をかけて事情を話せば、会社側から提携している病院を紹介してもらえます。
緊急サービスセンターで病院を紹介したもらった場合、ホテルスタッフかタクシーなどの運転手に連れて行ってもらいましょう。

「I want to go to this hospital. Please go take in.」
(この病院に行きたいです。連れて行ってください)

病院の名前が記入されたものなどを見せながら頼んで見ると、指定先の病院へ連れて行ってもらうことができます。
もし提携している病院で日本語が話せる医師がいる場合は、病院の受付で「Is there a Japanese speaking doctor?」と、「日本語が話せる医師はいますか?」と尋ねてみるのも良いでしょう。

■診察時に便利な英会話

診察の際には症状を伝えなくてはなりません。
症状を言うのに役に立つ英会話をご紹介します。

「Head is pain and throbbing.」
(頭がズキズキと痛みます)

「I feel dizzy.」
(めまいがするんです)

「I have a stomachache.」
(腹が痛いです)

「I sprained foot.」
(足を捻挫しました)

「Heat came out suddenly.」
(急に熱がでました)

「I have a sore throat.」
(喉が痛いです)

「I have a cold.」
(風邪をひきました)

「It was the burns.」
(火傷をしました)

■診察時には保険契約書を見せよう

保険を適用するためにも、受付や診察時に医師に海外旅行保険に入っていることを伝える必要があります。

「I have traveler’s insurance.」
(私は海外旅行保険に加入しています)

「This is the insurance contract card.」
(これが保険契約証です。)

このように伝えながら保険契約証を見せましょう。
また、保険金を得るには診断書のコピーが必要です。

「Do you get a copy of the medical certificate?」
(診断書のコピーをもらえますか?)

診察の最後は必ず診断書のコピーをもらうように頼んでください。
また一度自分で支払い、後からお金をもらう場合は領収書も貰ってください。
万が一、事故によるけがで保険金を貰う場合は、警察から事故報告書を発行して提出しなくてはならないケースがみられます。
後からFAXでも送ってもらえることもできるので、ホテルや病院、警察などの連絡先をメモして控えておくと良いです。