海外旅行保険の体験談②


私は20代後半の女性です。
大学生時代に1ヶ月ほどタイのバンコクに滞在していた時期がありました。
滞在して2週間が立ったとき、突然頭痛とめまいに襲われたのです。
国際教育に強化した大学だったのでたくさんの国へ訪れる機会があり、身体も丈夫だと思っていたので海外で具合が悪くなるのは今回が初めてでした。
しかも、一人での滞在なので心配も大きかったです。

当時の私は海外旅行保険へ入っていました。
なので、保険会社に問い合わせてみると診察がタダで行えると、バンコク市内にある病院を紹介されたのです。
タクシーで紹介された病院へ向かってみると、まるでホテルのような豪華な外装と内装でとても驚きました。
しかも、診察もスムーズに行われたので、日本の病院よりも早い対応でますます驚きです。

受け付けでは日本人のスタッフが対応しており、状況など少し話した後ソファで10分程待つことになりました。
病院ではパックの水を無料提供もあり、サービスも良いです。
お水を飲んでいる時に名前を呼ばれ、違う部屋へ行くと日本人の男性医師がいました。
私は英語は慣れているのですが、正直タイ語はまだまだです。
ですが、受付と医師が日本人でとても安心しました。
そして診断結果はストレスからくるものだそうで、安心してくださいと言われてホッとしました。
この日は、痛み止めと自律神経の乱れを整えるための抗不安剤を処方してもらい帰宅しました。

本当のことをいうと、日本に帰ったら解約しようという気でした。
それは私が旅慣れてるので、保険をかけなくてもいいと思ってしまったからです。
ですが、これに入ると医療費の補填のみじゃなく相談もでき、日本人がいる提携した病院を紹介してもらえたメリットもあります。
旅行先で出会った人の中には、医療機関があまり整っていない地域でデング熱に感染してヘリコプターで大きな病院に運ばれた人もいます。
その時の治療費には100万以上はかかるそうで、同じく海外旅行保険のおかげで助かったと聞きました。
自分の実体験もそうですが、このような話を聞くと海外旅行保険の加入は大切なんだと改めて感じましたね。

この保険は病気だけではなく盗みなんかにも対応してくれます。
まだ盗難にはあっていませんが、実際に盗難が多発した地域にも訪れ、そこに住む人にも注意されたんです。
国内旅行でもそうですが、海外旅行はさらにトラブルが多く、対処も難しくなってしまいます。

旅慣れしているからではなく、慣れていても必要な保険です。
海外旅行へ行く際は、皆さんも保険に加入して楽しい旅行にしてください。